講師について

講師の自己紹介


高間康弘の写真
講師の高間康弘

はじめまして。講師の高間康弘です。

20歳の頃(2000年)から名古屋のジャズライブハウスなどに出演しています。

現在は在職しておりませんが、甲陽音楽学院ではアンサンブルアシスタントに従事していました。その際には、水野修平さんや、竹下清志さん、多田明日香さん、マーティ・ブレイシー黒田和良さんの授業に在籍していました。

大学の時には、愛知大学(Blue Stars Jazz Orchestra / ブルースターズジャズオーケストラ)中京大学(New Sounds Jazz Orchestra / ニューサウンズジャズオーケストラ)金城大学(Modern Ensemble / モダンアンサンブル)のジャズ研を渡り歩いて、さらに愛知工業大学のジャズ研にも顔を出していました。全部で4つの部活のOBということになるのかもしれません。特にブルスタ(愛知大学)が長くいたこともあって懐かしいです。

ビッグバンドはジャズラブ(Jazz Lab Orchestra / ジャズラブオーケストラ)にも在籍していたことがあります。その際には名古屋ブルーノートなどに出演しました。


僕は若い頃はギターを弾いていて、いわゆるロックにあこがれるギターキッズでした。ヌーノベッテンコートポールギルバートを聴きまくって過ごした高校時代が懐かしいです。今の自分のメロディ重視のベーススタイルは、この時代の影響かもしれません。


中学・高校とロックに憧れていた僕ですが、高校生の時にエレキベースに移りました。当時はビリー・シーンや、ジャコ・パストリアスがアイドルでした。よくプレイを真似をして遊んでいました。

 

そんな日々を過ごしていたある日、テレビで流れていたジャズの生演奏を見ることになります。あの時の衝撃は忘れられません。こんな渋い楽器があるのかと。あれはどうやらウッドベースという楽器らしい。

 

そんな流れで僕はジャズを始めました。

初めてたばかりの頃は、ジャズの先生についたり、クラシックの先生に習ったりしました。今のスキルに全く満足していませんが、ここまで来るのにもなかなか苦労しました。生徒の皆様には僕の経験から、なるべく近道を通って(必要な寄り道はきちんとして)上手になってもらいたいと思います。

 

高間康弘 / ジャズベーシスト
1980年生まれ
■ 主な共演者 ■
和田直(guitar)、 大野俊三(trumpet)、 大森明(alt sax)、 向井滋春(trombone)、 水野修平(piano)、 徳永英彰(guitar)、 浜崎航(tenor sax)、 David Braid(piano)、 Darren Sigesmund(trombone)

講師の演奏


YouTube に演奏動画をあげています。ぜひ一度お聴きください。

講師のHP


講師の高間康弘のHPもよろしければご覧になって下さい。

ライブスケジュールなどを掲載しています。

>> 高間康弘のオフィシャルサイト

講師のブログ


ブログも書いてます。こちらもぜひどうぞ。

>> 講師のブログ

次は、レッスンについてお読み下さい。