トップページ > ジャズの魅力

ジャズの魅力

ジャズの魅力

ジャズの魅力を一言で言うならば、「自由に演奏できること」だと思います。

 

自由には制約やルールがつき物ですが、ジャズにおいてそれは「コード進行」や「スケール」や「楽器」になります。

(コードについてはこちら、スケールについてはこちらをご覧下さい)

この制約に沿っていれば、何を弾くのも自由です。

ただし、「かっこいい」演奏を目指します。

 

かっこいいとは、芸術的であることや、感動的であることです。

 

「絵」に例えてみます。

「絵」も何を描くかは自由です。

「絵」における制約は、「絵の具」や「筆」や「キャンパス」です。

これら制約の中で、かっこいい絵、感動する絵を描くよう努力します。

 

また、できあがった作品を評価するのは他人であったり、自分自身であったりします。自分自身が評価するということは、「自己満足でも良い」ということです。つまり、さまざまなレベルで楽しめます。

 

「絵」と「ジャズ」は似ています。

両方とも「自由」であることが魅力ですが、その分奥が深くなるのです。

ベースの魅力

世の中に低音ファンは意外と多いと思います。

ここでは「低音」以外のベースの魅力をあげてみます。

 

■ 伴奏がメインだが、素晴らしいメロディ楽器でもある

■ 和音も3つくらいなら重ねられる(重音、ダブルストップ)

■ 弦が4本なので、ギターなどより学習が比較的容易

 

ウッドベースならではの魅力もあげてみましょう。

 

■ 見た目がすごくかっこいい!

■ 弓を使ってチェロのような音が出せる

■ 基本生音重視の演奏(アコースティック)

 

さらにジャズのベースの魅力もあげます。

 

■ リズムの要(かなめ)である(ジャズではドラムではなくベースが要!)

■ ソロが頻繁にまわってきてとても目立つ(ベースが1番目立つジャンル)

 

以上がベースの魅力です。ベース最高!

続いてはレッスン内容の紹介へお進み下さい。

>> ジャズベースレッスン

                                       トップページ > ジャズの魅力